『お金持ちの考え方と習慣』第20回

2014年9月15(月)天吉名言集

 

『お金持ちの考え方と習慣』第20回

 

普通の人とはココが違う!お金持ちの考え方21

 

 

13.庶民「貧富は気にしない」

お金持ち「貧富について教える」

 

お金持ちは「お金持ちと貧乏」、

この二つが持つ違いについて

はやい段階から子供に教え、

話し合うようにするそうです。

 

それは決して差別ではなく、

社会をより現実的に

見ることを教えているのだとか。

 

私たち大人は子供に、

「お金持ちだとか貧乏だとか

そんなのを気にすることはない」

といってしまいがちですが、

実際二つの間には

大きな違いがありますよね。

 

純粋な目でモノを見る子供には、

はっきりと違いを教えて

あげるほうが分かりやすく、

子供自身で考えさせるためにも

良いのかもしれません。

 

どちらが正しいのかは

分かりませんが、

どちらがお金持ちになる

育て方かといえば、

一目瞭然ですね。

 

 

天吉能書き

 

庶民は富を気にしない

のではなく、

関係のない世界だと思っている。

なぜ自分が貧なのか

気づいていないし気づかない。

 

子供が、お父さん

あの人なんでベンツに乗れるの?

と問いかけられると

「車なんて動けばいいの!」

「どうせアコギなことして儲けたんやろ」

「見かけで人を判断しちゃいかんよ」

なんてね。

親の立場の正当性を語れば

こんな言葉になるのかな?

間違っていない部分もあるが

これでは子供が夢は持てんわな・・・

 

また明日のこころじゃ。