『そんな男の独り言』 シリーズ第最終弾

2015年2月13日(金)天吉名言集

 

『そんな男の独り言』

シリーズ第最終弾

 

■7.男はいっぺんにいろんなことができない


 

新聞を読んでいるとき、

 

テレビを見ているとき、

 

とにかく男が何かしているときに

 

話しかけないでほしい。

 

気が散る。

 

「ちょっと! 聞いてるの?」

 

「大事な話してるのよ!」などと

 

女性は目くじら立てて怒るが

 

男には雑音にしか感じない。

 

そもそも男は一つのことにしか

 

集中できないようになっている。



女性は“ながら作業”“並行処理”が得意で

 

いろんなことを同時にできる。

 

その場にいる複数の女性が

 

一斉にしゃべりだしたとしても

 

内容を把握できるし、

 

いろんな人の話をいっぺんに

 

聞くような芸当をやってのける。

 

 

電話をしながらテレビもみられるし、

 

受話器を耳と肩にはさんで

 

女友達の悩みを聞き

 

「それはひどいわね~」などと

 

言いながら料理も作れる。

 

 

しかし男には絶対無理。

 

電話が鳴ったらテレビを切るか

 

ボリュームを落としてほしい。

 

正直運転に集中してるときも

 

できればアレコレ話しかけないで

 

ほしいんだよね。

 

かといって、

 

寝られても頭に来るけど……。


――と、こんなふうに、

 

男性には女性に言ってやりたいと

 

思っていることが色々あるものだ。

 

 

とはいっても、なかなか口には

 

出せないけれども……。

 

口に出せないと言うか、

 

言ったら『あ~だこ~だ』

 

何倍返しで帰ってくるから言わないのだ。

 

 

ややこしくなるだけと思っているのだ。

 

言って『ごめんなさい』の一言でも

 

かえってくるなら可愛いもんだが・・・

 

それも儚き望み。

 

 

いかがでしたか女性諸君。

 

男とは多方がそ~んなもんです。

 

 

女性が一生懸命訴えても、

 

オラウータンに語っているようなもの

 

言っても無駄ですから、

 

そ~っとしといてください。

 

 

と、こういう事を強がって言っていると

 

ある日突然仕事から帰ると

 

離婚届を突きつけられるのだ。

 

パンニハムハサムニダ