『アルベルト・シュバイツァー特集第11回』

2015年3月21日(土)天吉名言集

『アルベルト・シュバイツァー特集第11回』


 

物事に関心がなくなり、真面目さや憧れ、

情熱、熱意などを失いかけていることに少しでも気付いたら、

病気の前触れだと考えなければならない。


表面的に流されている生活に魂が

苦しんでいると気付かなくてはならない。



天吉能書き


この名言は、自分に置き換え何度も

繰り返し読み解釈しなくてはいけない。

自分ごとに置き換えれない人は論外だ。


完全に情熱や熱意などなくしている人は、病気とも気づかないし、

流されているとも気づかない。気づき苦しむ人はまだ、

本来のあるべき自分を取り戻せる可能性のある人だ。

何事も関心がなくなり、意欲も何もない人は、仏の域に入ったか、

人生のただの浮遊物だ。それも幸せかもしれんがな・・・