『アルベルト・シュバイツァー特集第17回』

2015年3月27日(金)天吉名言集

お早うさん!

さて、人生日々

いろいろありますが

なにはともあれ、

今日も生きて

朝を迎えられたことに

感謝しましょう。

『アルベルト・シュバイツァー特集第17回』



自分の苦悩をまぬがれた者は、


他人の苦悩を軽くしてやる


責務を感じなければならない。


 


天吉能書き

シュバイツァー博士って人は

ホント、いい人だね~心から優しい人ですね。


時代が一緒だったら、お友達になりたかったね。

どんな時でも人を思いやる気持ちが素晴らしい。


今のこの世の中、『他人の不幸は蜜より甘い』

なんて平気で抜かす、低俗な奴らがうようよしている。


顔は平気で『お気の毒ですね~』なんて言いながら

もう一枚の舌が『ざま~みろ』なんてベロベロほざいてる。 


こういうやつは必ず自分も言われている。


間違いない。


怖いのはこれらの性根は変わらないということだ。

人に言われて変わるようなことのない性悪だ。 


またこう言う輩に限って口が達者なので

ついつい善人は騙される。


大方の善人はこれらの性悪に泣かされている。

この性悪ども、なかなかしぶとく

何があっても立ち直る。


大体犠牲になるのは善人の人々だ。

意外と悪は滅びず、善人が苦しむことが実情だ。

ただ一つこれら悪人は、こころ安らぐ時がない。

最後は、間違いなく寂しい人生で幕を閉じる。


それとは真逆に、逆境を乗り越えた人々は、人の痛みが

痛いほど分かる。そういう人と出会え心からのアドバイスを

得れる人は幸運だ。


またその人も乗り越えたとき、自然とその責務を果たしている。


あのベロベロの性悪とはえらい違いだ!