『アンドリュー・カーネギー名言集第16 回』

2016年1月16日(土)天吉名言集

お早うさん!

 

人生やってりゃ

いろいろあるわさ!

それが人生!

だから人生!

 

どうせ生きていくなら

明るく生きよう!

笑って生きよう!

 

楽しく生きるコツは

魔法の言葉

「ありがとう!」

 

まずは身近な人に

「ありがとう」

 

アンドリュー・カーネギー名言集第16 回』

 

 

 

清く貧しい家庭に育った子供は、

裕福な家庭の子供とは違い、

かけがえのない宝物を与えられている。

Children of honest poverty have the most precious of all advantages over those of wealth.

 

天吉能書き

 

感動的な名言だ。

清くというところがポイントだ。

 

貧しい環境で生まれた子供は

親の愛情によって将来が

別れるような気がする。

 

極端に言えば、犯罪者にもなるし

大成功者にもなる。

 

卑屈にもなりがちだが

裕福な子供より何十倍も

いろいろな体験をする。

 

親に頼らず、生きていく為に

自立心が強く宿っている。

 

良くなりたいという思いが

絶えず自身を成長させ

やがて、目的意識が明確になっていく。

 

その目的の為に半端ない努力をする。

どんな逆光にもへこたれない

芯のある人間になる。

 

成長していく過程において

お世話になる人や、もちろん

親への感謝心は忘れない。

 

反対に、裕福(単なる金持ち)な家庭に

生まれた子供は

これまた親の考え方や教育の仕方で

大きく変わるが

多くは、お金与えて育てていく。

 

このまま死ぬまで行ければ

それはそれで幸せかもしれないが

幸福感は感じないだろう。

 

多くは、最後までは続かない

その逆境にたじろぎ

なんの手も打てず

周りのせいにしながら堕ちていく。

 

自立できないから、経済がなくなれば

無くなるだけ堕ちていく。

 

生きていくための

様々な体験や努力や感謝心、

そして愛

これらの事を「宝物」と言っているのだろう。