『手塚治虫名言集第1回』

2015年11月16日(月)天吉名言集

 

お早うさん!

さて今日から15回

みなさん大好きな

鉄腕アトムの生みの親

手塚治虫名言集です。

医学博士でもあった

凄い人です。

 

どのようにして

あの名作は生まれたのか

どのような人生観を

持っていたのか

学んでいきましょう。

 

『手塚治虫名言集第1回』

 

Osamu Tezuka
手塚治虫

大阪帝国大学附属医学専門部[1] 在学中の1946年1月1日4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビュー。1947年酒井七馬原案の描き下ろし単行本新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけた。

 

1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。

 

国: 日本
生: 1928年11月3日
没: 1989年2月9日(享年60歳)

 

 

一攫千金は偽りの成功。

真の人生の勝負は、

じっくり腰を落ち着かせてかかるべきだ。

 

 

天吉能書き

 

一攫千金的な金の産み方は

そのものに重みが無いから

一攫散財、あっという間に

消えていく。

 

お金の価値は

産み方、使い方によって

全く違う。