『明石家さんま』の"落ち込まない自分になる"元気な生き方

2014年3月28日(金)【天馬天吉の今日の名言】

お早うさん!

なにはともあれ、今日も生きて

朝を迎えられたことに感謝しましょう。

昨日までの怒りは、さらりと流して

今日も1日元気に明るく、てんてん行きますよ~

さて、今日からはいつも全開で生きている

芸能人は数多くいるけど、中でも"落ち込まない"

を公言している明石家さんまさん。

誰でも"落ち込む"という感情から立ち直り打破するための方法を学ぼう。

約1週間です。


『明石家さんま』の"落ち込まない自分になる"元気な生き方


【明石家さんまプロフィール】
本名 杉本 高文
生年月日 1955年7月1日(57歳)
出身地 奈良県奈良市
血液型 B型
活動時期 1974年

1980年代後半以降から国民的お笑いスターとして活躍を続けている。
タモリ、ビートたけしとともに、日本のお笑い芸人BIG3の1人として称される。 


まず、落ち込む人の大方の共通点を探ると。


●何でも、すぐに人との「対比」で自分を評価する癖がある。


「あの子と比べて私は...」「あの家と比べて私の家は...」「あの人の彼氏(旦那)は...」「あの人は自分よりも仕事ができる」など。

ちょっとしたことで傷つきやすい人は、傲慢でくだらないプライドがとても高い人だね。

傲慢な気持ちが強い人は、自分ならばできて当然という傲慢な理想を持っているために、

勝手に理想と現実ギャップを作り、そのギャップで勝手に自分を傷つけているんだとおもう。

●喜怒哀楽が激しい。

何か良い事があったり、評価されたりするとめちゃ大げさに喜ぶ。

いい事ではあるが、しかし反対場面に遭遇すると極端に落ち込み

また、立ち直りが遅い。 


●落ち込んでばかりいる『暗病反』 思考パターンだとどうなるのか


落ち込む事がひどいと、自己嫌悪に陥ったり、人に当たったり

感情がおさまらないから、不幸になる考え方をしてしまうし、

幸せになる考え方を心がけることもできなくなってしまう

やがて、お気に入り詳細を見る

劣等感グセから抜け出せなくなってしまいます

ますます負のスパイラルにはまりこみます。

さあ!ここでさんまちゃん登場!!


●明石家さんまさんから学ぶ"落ち込まない自分になる"方法


第1弾




俺は、絶対落ち込まないのよ。

落ち込む人っていうのは、

自分のこと過大評価しすぎやねん。

過大評価しているから、

うまくいかなくて落ち込むのよ。

人間なんて、

今日できたこと、

やったことがすべてやねん。


by:明石家さんま)



いいね~

以前まで天吉は

さんまちゃんのことうるさいやっちゃな~

と思ってました。


しかし、最近

さんまさんて凄いな~って思っています。


60歳手前で毎日、朝でも夜でもいつも全開

声を振り絞ってかすれ声でいつもあのテンション!!


だれかれ関係なく

あれほど言いたいこと言って

人の頭ポコポコ叩いても嫌われない。 


希な人材だね。

本心疲れきってることあると思うけど、いつも全力!! 


落ち込む暇を作っていないみたいです。

究極のサービス精神と

優しさを持ってるんだとおもう。 


同じ年のおっさん達、

いつまでもチマチマ

落ち込んでる場合じゃないよね。