『死についての賢人名言集第22話』

2016年8月25日(木)天吉名言集

 

お早うさん!さて、人生日々

いろいろありますが

なにはともあれ、

今日も生きて

朝を迎えられたことに

感謝しましょう。

 

『死についての賢人名言集第22話』

 

 

人間に与えられた恩寵に「忘却」がある。

これは同時に劫罰でもあるのですが。

たとえ恋人が死んでも、

七回忌を迎える頃には笑っているはず。

忘れなければ生きていけない。

 

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)

 

  

天吉能書き

2011年( 平成23年)

3月11日午後2時46分に

発生した東北地方太平洋沖地震

あれから約5年と5か月が経った。

 

あの時の悲惨な光景を見たとき、

肉親と友人と目の前で引き裂かれ、

家も仕事も何もかも無くし、

の現状から人々は

立ち直れるのだろうか

と誰しも思ったと思う。

 

原発の問題は大きく後を引くが、

深い悲しみを負いながらも、

それでも人々は

生きらえたことに感謝し、

向けえ来る日々を力強く生きている。

 

それほどの出来事でも

時は少しづつ人々を癒していく。