『野口英世名言集第1回』

2015年8月10日(月)天吉名言集

お早うさん!

 

さて、今日から1週間は

野口英世名言集を贈ります。

 

51歳の若さで無念の死を遂げた

野口英世

どんな考え方をして生きていたか

学んでいきましょう。

 

『野口英世名言集第1回』

Hideyo Noguchi
野口英世

日本の細菌学者。黄熱病や梅毒等の研究で知られる。ノーベル生理学・医学賞の候補に三度名前が挙がったが、黄熱病の研究中に自身も罹患し、アフリカのガーナにて死去。

国: 日本(福島県。現在の猪苗代町)
生: 1876年11月9日
没: 1928年5月21日(享年51歳)

 

 

絶望のどん底にいると想像し、

泣き言をいって絶望しているのは、

自分の成功を妨げ、そのうえ、

心の平安を乱すばかりだ。

 

天吉能書き

 

人生が好転していくか

益々悪化していくかは

負の精神を

どこかで断ち切るしかない。

 

引きずっていて

いいことは一つもない。