『420人の敵国兵を救った駆逐艦 雷の艦長:工藤俊作』最終回

 2014年7月17(木)【天馬天吉の今日の名言】


『420人の敵国兵を救った駆逐艦 雷の艦長:工藤俊作』


最終回 

フォール少尉は終戦後、イギリスに帰国。

1996年、フォールは自叙伝を出版。

これにより

54年の時を経て、奇跡の物語が

世に知られることになった。 


本の1ページ目には工藤艦長への

感謝の念がつづられている。 


その後、心臓病を患い

自らの命が

長くないと悟ったフォールは


2003年に来日。 

外務省に出迎えられたフォールは

半世紀前の救助劇を語り、

初めて奇跡の物語は

日本に伝えられた。 


その時、工藤の消息を誰も知らず、

再会を果たす事は叶わなかった。 


その5年後、

工藤のお墓が判明。 

するとフォールは、

2008年に再び来日し

工藤の墓を参った 。


感動のビデオをご覧下さい。

下記をクリックしてください。


youtu.be/WeUsX7wmZwM