【ル・マン完走までの物語】第4回

2014年6月23(月)【天馬天吉の今日の名言】

【ル・マン完走までの物語】第4回


■6月15日:レーススタート

とうとう始まった中野のル・マン24時間。

台数が接近しているスタート直後、

そして雨が降る難しい天候を無事乗り切った中野信治。

マシンのセッティング能力と安定した走りはさすがだ。

「スタートドライバーをつとめました。

2スティント目の途中から突如雨が降り出し、

数台の車がクラッシュしてセーフティーカーランが続きました。

2時間半が経過したところでマーティンに交代。

いまは彼が走行中です。

ずっと安定していた天気が決勝日になって荒れ出した。

やっぱりルマンは何かあるね。」


■6月15日:レース中

「2回目の走行を終えました。

今回も2スティント、2時間の走行でしたが

車はトラブルもなく順調に周回を重ねています。

昨年は夜の走行が出来なかったので

久しぶりに夜のルマンです。

この時間帯は本当に何も見えない。

結構しびれる。

次の走行は恐らく夜中の3時半ぐらいなので少し休みます。」


■6月15日:レース中

「3回目のスティントが終わりました。

車のほうは特にトラブルなく引き続き順調に走っています。

しいて言えばドリンクボトルが壊れてしまって

走行中の水分補給が出来なかったぐらいかな。

ようやく空が白み始めて来ました。

ルマンのサーキットで迎える朝は格別だね。」


■6月15日:レース中

「僕の最終スティントを走り終えました。

あとはチームメイトが無事に走り切るのを見守るだけです。

このスティントで今回の僕のルマンでの

ベストタイムを出すことが出来て、

いい内容の最終スティントになりました。

あと2時間半!」


■6月15日:レース完走!
 
 Twitterへ掲載した中野のコメント。

「長い長いレースが終了しました。

結果は無事クラス8位完走!

スタート前のドタバタを考えると望外の結果だと思います。

素晴らしいチャンスを下さったチームタイサンと

応援してくれた全ての皆さんに感謝いたします!取り急ぎ。」

 

 

 

 

いかがでしたか?苦境を決して諦めず、

わずかな希望を信じ続けた男のストーリー。


F1モナコGP、インディ500、そしてル・マン24時間。世界の猛者相手に、

世界3大レースを「戦わせてもらってきた」という中野信治。

一見、男が羨む王子様のような容姿と

F1まで行けた幸運の持ち主ということで、

見た目と経歴だけで判断すると、

苦労なんてしたことがなさそうな

イメージを持っている人も多いようですが、

実は服装にも興味なく、所有するクルマにも興味なく、

尋常ではないくらいレースにストイックで、

どんな逆境が襲ってきても決して諦めない

すごいレジリエンス(再び起き上がる力)の持ち主だ。


中野信治のレース人生を見ていると、

人間の精神力はどこまでも強くなる、

自分を信じて決して諦めるな、

世界に挑戦せよ、

そんなことをレースを通じて伝える役目があるのかもしれません。

「偶然の幸運」

試練を乗り越えル・マン24時間を完走した中野は、

この大好きだという言葉に、

どんな深い意味を見いだしたのだろうか?