【長嶋茂雄】の強烈抱腹絶叫迷言集☆

2013年9月10日(火)【天馬天吉の今日の名言】
お早うさん!今日も1日元気に明るく、てんてん行きますよ~
 
オリンピック誘致のみなさんのスピーチ本当に感動しました。
日本人の民力は『凄い!けた外れだ!』世界中に知らしめた瞬間でした。
想いの深さ、情熱は、時に人間の脳力の限界を超え、何かをなしえることがある。
超越したのだ。
あの極度の究極の場面では、うまくしゃべろうとか単に練習したからだけでは
あれほどの感動的な笑顔とスピーチは生まれない。
 
本気の深さがあれだけの情熱を生み出しチームワークを作り出した。
作ろうと思ってできることではなく、強い魂が必然的に生み出したのだ。
 
『強い思いは叶う!』
 
7年後の日本は明るい!間違いない!なぜか、子供たちに凄いパワーを与えたのだ。
7年後にどれほどの子供たちがこの夢に向かって走り出すのだろう。
これこそ、国力となるのだ。子供が輝かなければ国の未来は開かれません。
オッチャンも、オバチャンも、人生おしまいみたいな顔してないで、7年後までまず健康で生きていましょう。
何かやりがいを見つけてください。
 
7年後の成長した自分を迎えてあげられるよう、何かをなし得てください。
 
 
【長嶋茂雄】の強烈抱腹絶叫迷言集☆
長嶋さんとファンの方には申し訳ないけど大好評です。
まだ当分朝から笑っていただきます。
これを笑わない人は、相当心が病んでる状態と認識してください。
 
10連発×7日連発     第3弾
 
①職業欄に・・・「長嶋茂雄」と記載。
 
  神に近い存在です。
 
②長嶋「もしもし掛布君、ちょっとバットを振ってみなさい」→
掛布「は、はぁ…」→
長嶋「どうだい?どんな音がしてる?」→
掛布「え?いや、ブンと…」→
長嶋「ブンじゃまだダメだな。ブァ~ンじゃないと」→
掛布「ブーンですか…」→
長嶋「いやブァ~ン」→
掛布「バーン」→
長嶋「ブァ~ン」→
掛布「ブァ~ン」→
長嶋「おっ!いいぞ。さぁもう一度言ってごらん」→
掛布「ブァ~ン」→
長嶋「よし、これでもう大丈夫だ。それじゃあまた。」→
スランプだったタイガース時代の掛布を心配して電話。
 
確かに打てそうな気がしてきた!
 
 
③二岡、ここは打たなくていいぞ!
バッターボックスの上原に向かっての発言w
隣に座っていたのは二岡
 
こんなことはよくあるらしい・・・
 
 
④「THE」を”てへ”と読む  •大学生時代、「ONE」を”オネ”と読む
 
彼がこう読めばこちらが正しいのでしょう。みなさんも今日から”てへ”と読みましょう。
 
 
⑤ストッキングを忘れたので、靴下をマジックで黒く塗って試合へ出場
 
普通思ってもしません。凄い発想と行動力だ!
 
⑥せんだみつお酒気帯び運転「せんだクン、大変だったね。大丈夫?死刑にならない?死刑に」
 
せんだくん青ざめたろうね。本人本気で言っているから。
 
⑦セコムのCMやってるのに泥棒に入られる、翌日株価大暴落
 
「セコムしてますか?」本当にしとんのかね?面白すぎて屁も出ません。
 
 
⑧オリンピック日本代表監督という立場にありながら、韓国の選手に指導
  •中国の選手にもバッティング指導「このボールをいつも平行、レール」「ヒュー!」
  •アメリカの人々にもバッティング指導「ノーンストロング!!ブン!ブォン」
 
このおおらかさが世界を救う!我欲の強いみなさん見習いましょう。
 
⑨はじめての還暦を迎えまして・・・、ましてや年男と言うこともありまして・・・
 
還暦は何回もないっーの!
 
 
⑩若手を風呂場に集めてバッティング指導「ペニスが太ももに当たって『ぴちゃっ』って言う音が出たらいいスイングだ」
 
玉が好きだね~しかし相当でかくないと『ぴちゃっ』とはいかんでしょう。馬か!