いのちの根

2014年3月25日(火)【天馬天吉の今日の名言】

お早うさん!

なにはともあれ、今日も生きて

朝を迎えられたことに感謝しましょう。

昨日までの怒りは、さらりと流して

今日も1日元気に明るく、てんてん行きますよ~


  
 

この素敵なイラストは、天吉の知人で、プロのイラストレーター

でもあり、現役モデルの西出さやかさんからの提供です。

https://www.facebook.com/i.sayakanishide


いのちの根

 今日は「いのちの根」というお話をします。

"トマトやキュウリを丈夫に育てる秘訣"があるそうです。


その秘訣とは、・・・

苗を植えた直後に水をやったら、その後は数日間、水をやらないのです。

水をやらないので、当然しおれてきます。

ピンチの状態ですね。

そして、「これ以上水をやらなかったらマズそう」

というギリギリの状態になったら水をやるのです。
(その後は、普通に水をやって育てます)

このようにして、植え付けた後にしばらく水をやらなかった

トマトやキュウリは、背も高く、茎も太くたくましくなります。

植え付け後に毎日水をやったものと比べると、

明らかに違うほど、たくましくなります。

つまり、「水がない」というピンチの状態を経験した

トマトやキュウリは、水を求めて根を深いところまで張りめぐらすのです。

土に深く根付くので、水分や栄養分を吸収する力が強くなり、

背の高い茎の太いものになるわけです。

私たち人間もいっしょですね。

私たちは、ピンチや逆境や悩みを経験するからこそ、

根を深く張って強く大きくなれるのです。


 

これはいい話ですね。


苦労して立ち直った人は


確かに力強く


どしっとしてるよね。