イタリア人に習う楽観的な生き方(第2弾)

2014年1月28日(火)【天馬天吉の今日の名言】

お早うさん!

今日も1日元気に明るく、絶好調!

 

イタリア人に習う楽観的な生き方(第2弾)

 

仕事

いつもニコニコしています。

笑顔で仕事するのが普通

「よい気分で仕事をしたほうが、よい仕事ができる」というのがイタリア人の考え方からきています。

直前まで動かない

前もって色々と決めていても、直前になってバタバタと動くようです。

「遊ぶため」に本気を出す

日本人が10時間かけてやることを、イタリア人は5時間で終わらそうとするようです。早く仕事を終わらせて遊ぴに行きたいから集中します。

楽しく生きるために仕事をしている

決して「仕事をするために生きている」ということはないそうです。

休日の仕事の電話は出ない

もちろん、出ない理由はちゃんとつくっておく。べストなのは、携帯電話の圏外の場所に行っちゃうことだそうです。

イタリア人は本当に仕事をしないのか?


日本人が持つイタリア人のイメージって『陽気で明るくいい加減』です・・・かね?

イタリア人はまるで仕事をしていないように見えます・・・なんでだろう?

実は『イタリア人の8割が自営業で、日本人の8割が従業員』。

もちろん数字は大雑把ですが、傾向としては間違いないでしょう。

自分でお店を持っていると好きなときにお店を閉めることができるんですよね。

バカンスは平気で1ヶ月店を閉じますし、子供のお迎えが必要な場合は『すぐ戻ります』

なんてメモを入り口に貼ってちょっと外出。もちろんカフェが飲みたくなっても・・・。

でも楽しく自由に仕事をするにはこれくらいの『余裕』は必要でしょう。

忘れてならないのは『僕たちは楽しく生きるために仕事をしている』のであって、

決して『仕事をするために生きている』のではない。

この辺がイタリア人の人間らしい素敵な生き方の原点なんだと思います。

この言葉を日本人も噛み締めてほしいな~