シリーズ第4章 『どんな出来事も受け止め方次第』

2013年9月29日(日)【天馬天吉の今日の名言】

お早うさん!今日も1日元気に明るく、てんてん行きますよ~

『航海と後悔』

シリーズ第4章 『どんな出来事も受け止め方次第』

『もうこれまでだ くそっ!あいつが!こいつが!あのやろ~!このやろ~!』

『これも何か意味あること、現実を受け止め、反省しまた航海を続けるぞ!何とかしてやる!』

 

人生という長い航海では、様々なこと起きますが意識の持ち方で起きている現象が変わります。

実は、私たちの身の回りで起きる出来事に 『 良い事 』 も 『 悪い事 』 『幸運・不運』もないのです。

 『えー、良い事、悪い事いっぱいあるよ~』

と思った方、それも実は正しいのです。

それは起きた出来事を 『 自分で判断した結果 』 だから、正しいのです。

 

 良い事でも悪い事でも無い事を、『 自分の意識や価値観 』 で良い悪いと判断した結果、自分の受け取り方が決まってきます。

 

人が見たら最悪な出来事でも、本人が「これで済んで良かった」と思えば

私たちの頭は、同じ出来事でも色々な捕らえ方が出来る万能な構造になっているのです。

 少し意識的に受け取り方を工夫すれば、身の回りの出来事が全く違う出来事に見えるようになります。

 

先日私の仕事のパートナーであり友人が、イベント出演の出番で張り切り過ぎて、よせばいいのに

飛び回り、大観衆の前でなんと肉離れ(ミートグッバイ長嶋語録)をしてしまいました。

彼は、楡じれる筋肉、激烈な痛みをこらえ顔は脂汗でびっしょり。

しかし、歪みながらも笑顔を絶やさず最後まで講演をやり抜き最後にその場で倒れました。

 

これは通常でしたら、まず立っていられませんし、一般的に考えれば運の悪い最悪の状態です。

しかし、驚くことに後で彼から出た言葉は『最高のタイミングで最高の自分が見せれた!これが俺だ!

ラッキー!』

 

肉離れを起こして「ラッキー」と言った人はまずいないでしょう。

 

このように同じ出来事でも、受け止め方、考え方によって現象が変わるのです。

運・不運はあなたの心が決めるものです。