シリーズ第2章『自分探し』

2013年9月27日(金)【天馬天吉の今日の名言】

お早うさん!今日も1日元気に明るく、てんてん行きますよ~

 

『航海と後悔』

シリーズ第2章『自分探し』

 

人生とは、生まれて死ぬまでの生き様です。

また人生とは『自分探し』の旅でもあります。

 

青春時代は『自分ってなに?自分は何者?』

そんなことに悩んだ若者時代があったと思います。

極めて純粋な悩みです。

これから人生という航海に船出する前の悩みです。

どこに進んでいけばいいのか?

自分に何ができるのか?

何が向いているのか?

どういう人生を送りたいのか?

どうあるべきか・・・などなど

 

しかし

歳を重ねていくと、そんなこともいつしか忘れ、

現実という波に飲み込まれていきます。

 

天吉は、映画ドラマにしてもいいくらい、凸凹人生を繰り返してきました。

良いも悪いもそれらの結果はすべて『自分探し』の航海に挑戦した結果生じたものです。

その度に一喜一憂を繰り返してきました。

大きな失敗も何度か経験し、その都度激しい『後悔』にさいなまれた事も何度とあります。

未だ『自分探し』の旅は続いています。

恐らく、人生意欲の旺盛な人は一生『自分探し』の旅を続けていくのでしょう。

答えのない旅かもしれませんね。

 

自分探しは、あきらめた時や満足した時に終わるのです。

諦めきれない、満足できない自

分がある限り『自分探し』の航海は続きます。