シリーズ第7章 『全てうまく行っている法則』

2013年10月3日(木)【天馬天吉の今日の名言】

お早うさん!今日も1日元気に明るく、てんてん行きますよ~

『航海と後悔』

シリーズ第7章 『全てうまく行っている法則』

人生の航海という毎日の生活の中で多種多様な事が起こります。 

例えば、心が折れるような出来事なんて物もあります。 

出来れば避けたい。 でも避けれない。 

そんな出来事が起きたら、心が折れ元気が無くなってしまいますよね。

 

でも、別の視点からその出来事を見るとそんなに悪い事では無かったりもします。

 実は、うまく行っているのです!

 

その 『 全てうまく行っている法則 』 をこの章ではご紹介します。

 

昔話にある、上手く行っている法則!!

ある村に、ひとりの男性がいました。

この男性の取り柄は呑気な事。 

この男があまりにも呑気なので、神様は苦労して

人生をまじめに生きるための試練を与えることにしました。

 

まずは、台風を起こしてこの男の家を吹き飛ばしてしまいました。

 神様は、この試練で少しはまじめになるだろうと思いました。

しかし、男は 『 悲しんでいても仕方がない。

 親戚の家にお世話になろう。

 あとはなるようになるでしょう。 』

と直ぐに立ち直り、親戚の家にしばらくお世話になることにしました。

 

こうして男は、親戚の家にお世話になり、また呑気に暮らしていました。 

この男はつくづく呑気なのです。

 

 神様は次なる試練を考えました。

 男を親戚の家から竜巻で、食べ物のない貧しい村に吹き飛ばしました。

 

これで少しはまじめになるだろうと、神様は思いました。

が男は 『 これまで誘惑に負けて断食の修行が出来なかったので、

良い機会だから断食に取り組んでみよう。 

あとはなるようになるさ。 』 とまたまた直ぐに立ち直り、次の行動にうつりました。

 神様の思惑とは違い、また呑気に断食に取り組み生活を楽しみました。

 神様は、『 こうなれば無人島に飛ばしてやる 』 と、男を無人島に追いやりました。

ところが男は 『 ここなら誰にも文句を言われず自由に過ごせる。

 大好きな釣りをし、何もかもが自由だ。 

あとはなるようになるさ 』 と考え、大好きな釣りをし食料を確保し生活を楽しみました。

 

 流石にこの様子を見ていた神様は感服しました。

 

どんな良く無いと思える状況に追いやっても、直ぐに立ち直り生活する男をみて

『なかなかのもんだ』と賞賛し、沢山の宝物を褒美として男に与えたのです。

明日に続く。