ジョーク編

2014年3月4日(火)【天馬天吉の今日の名言】

お早うさん!

今日も1日元気に明るく、絶好調!

ジョーク編


    

ジョンは、病気で入院している

友人のハリスのお見舞いに行った。

「ハリス、どうなんだ?具合のほうは」


「う...。ぐ...」


体中のあちこちにチューブでつながれたハリスは、

満足にしゃべることもできなかった。


「気の毒になぁ......。

おい、息子さんに何か伝えたいことがあったら、

この紙に書いてくれ。


俺がちゃんと持って行くからな」


「ぐぅっ!!!」


「どうした!ハリス!どうした!」


彼は急いで走り書きしたかと思うと、

急にぐったりし、

そのまま帰らぬ人となってしまった。


――お通夜の日、

ジョンはハリスの息子に会った。


「あんたに伝言はないかって聞いたら、

ハリスは死ぬ1分前にこれを残した。

よっぽどあんたに伝えたかったらしい」


「え......。これが僕への伝言ですか」


その紙にはこう書いてあった。


『酸素チューブから足をどけろ』




ありえん話でもないの~


酸素チューブを

踏んだり

抜いたり

つままないように

みなさん注意しましょう。