デカルト


 

2014年10月8(水)天吉名言集


 


どこかの森に迷い込んだ旅人たちは、

あちらへ向かったり、こちらへ向かったりして迷い歩くべきではなく、

いわんやまた一つの場所にとどまっているべきでもなく、

つねに同じ方向に、できる限りまっすぐに歩むべきである。


その方向を彼らに選ばせたものが初めは

単なる偶然にすぎなかったかもしれぬにしても、

少々の理由ではその方向を変えるべきではない。


というのは、旅人たちは彼らの望む

ちょうどその場所に行けなくても、

少なくとも最後にはどこかにたどりつき、

それはおそらく森の真ん中よりは

よい場所であろうからである




デカルト(フランスの哲学者、数学者 / 1596~1650)



天吉能書き

今人生に迷いがある方、

今のままでいいのか・・・

違う道を選ぶべきか・・・


まだ希望の行き先に近づいてもいないうちから

ウロウロしてもまずロクなことはない。


そうそういい道はある訳ではない。


大事なことは、行き先を決めたときの

自分の想いを信じ進むことだ。


やがて必ず今よりはいい場所に辿り着く。


それは僅かかもしれないが・・・

それでいいでないか。