ヴィクトル・ユーゴーの名言集第1回

2014年5月4日(日)【天馬天吉の今日の名言】


今日からは1週間ユーゴーの名言を特集します。

選りすぐりの7名言です。

人生の道に迷っている人、悩んでいる人に贈ります。

短い言葉の中に凄い力を感じます。


ヴィクトル・ユーゴーの名言集第1回



 

ヴィクトール=マリー・ユゴー1802年2月26日-1885年5月22日)は、

フランスの詩人、小説家、政治家。

ロマン主義フランス文学の大河小説『レ・ミゼラブル』の

著者として知られる人物であり、七月王政時代から

フランス第二共和政時代にかけては政治家としても活躍。


友よ、逆境にあるときは、

つねに、こう叫びなさい。

「希望がある、希望がある、

まだ希望がある」と。



天吉能書き


どんなに辛い環境にある人でも

将来に一筋の光が差し込む

希望さえあれば

その辛さも乗り越えられる。

しかし、未来を好転する何の兆しも

希望も見いだせなければ

生きる屍だ。

希望こそ人の運命を司る


希望なんてどこにある!

と嘆くあなた

希望はあなたの

閉ざしたこころを開けば

見えてきます。