ヴィクトル・ユーゴーの名言集第4回

2014年5月7日(水)【天馬天吉の今日の名言】


ヴィクトル・ユーゴーの名言集第4回


 


夢、これ以外に

将来を作りだすものはない。


天吉能書き


なんの望みも持たずに

人って生きていけるものだろうか。

いや、生きている意味があるのだろうか?

「何の望みもない」という人がいたとしたら

絶対に嘘だ。

望みの種類や大きさは別として

望みがあるから朝からの

1日の生活があり

望む生活があるから日々働くのだ。

誰しも限られた人生

その最後は誰も分からない。

もし、明日かも知れない最後が分かっていたら

人は夢を描がけるものだろうか。

どうせ最後がわからないのならば

その瞬間まで夢を描き続け

追いかけていく

何歳になってもだ。

日々、この『夢』を描き出すことが

出来る人と出来ない人との差が

そして、継続出来る人と出来ない人との

差が人生の質の差だ。

もし、その夢に達成しなくても

夢を追い続けた人たちは

目先の少々のことにはこだわらず

一様に生き生きとしている。

そういう人生を送りたいものだ。

どうせ、人生は1回きりだから。