永ちゃん第6弾

2014年2月15日(土)【天馬天吉の今日の名言】

お早うさん!

今日も1日元気に明るく、絶好調!

永ちゃん第6弾

これは人生の映画だ、と思い直し復活

発覚直後から、毎日毎日酒を飲み、

もう駄目だ、もう駄目だと落ち込み続けてた。

これで矢沢も終わりだと思って、真っ暗な闇の中にいるような気持ちでしたよ。

でもね、1週間もそうやっていたらアホらしくなってきて、ある日ふと気付いたのね。

これは映画だと思えばいいやって。

 ほら、人間は何度も生まれ変わると言うじゃないですか。

このたび僕は、キャスティングによって矢沢永吉になったわけ(笑い)。

室町時代にも江戸時代にも何かやっていて、さあ昭和20年。

今度はお前、矢沢永吉をやりなさいとこの世に送り出されてきた。

 「生活保護受けて、苦労して広島から夜汽車に乗って上京し、

やがて世紀のロックンローラーになる役さ」ってね。悪くないよね。

 「でも途中でオーストラリア事件とか、いろいろ苦しいことも起きるけど、まあ人生を楽しんでこいや」って。

 あんまり苦しかったから、パーンとそんな考えが浮かんだのかも知れない。

それから僕の嫁さんも含め、周囲が言うのね。

矢沢なら返せない金額じゃないよと。

そこから僕はライブやって、やって、やって、ある日借金はゼロになってた。

 僕は皆さんにも言いたいね。

リストラされたって、借金を背負ったってそれは役だと思え。

苦しいけど死んだら終わりだから、本気でその役を生き切れ。

つまり視点を変えれば、気持ちが切り変わるってことなんだ。(談)