瀬戸内寂聴第20回

2015年1月24日(土)

天吉名言集

お早うさん!

さて、人生日々

いろいろありますが

なにはともあれ、

今日も生きて

朝を迎えられたことに

感謝しましょう。


瀬戸内寂聴第20回


 
 

心を込めて看病してきた人を亡くし、

もっと何かしてあげればよかった

と悲しみ悔んでも、

亡くなった方は喜びません。


メソメソしているあなたを見て

ハラハラしていることでしょう。


早く元気を取り戻して下さい。


 

天吉能書き

これは本人しか

到底わからない

苦しみであろう。


我が子を失くし、

我が妻を失くし

そのことを受け入れられず

抜け殻のようになって

その後の人生を

送り続ける人々がいる。


自分の人生も

重く暗く抜け出せない。


人から慰められて

立ち直れるものでもなく

後を追う者もいる。


これで、逝ったものが

成仏できるであろうか。


その後も

生き続けていくならば

必ず時が癒して

くれることを信じることと

自分が立ち直ることが

逝ったものへの

真の愛であろう。