表情・しぐさで「ホンネを見抜く」テクニック

2014年7月10日(木)天吉名言集

表情・しぐさで「ホンネを見抜く」テクニック

【1】黒目の動き

意中の女性へプロポーズしたら、

彼女の黒目が右へ動いた。

さて、彼女の本心は? 

表情、しぐさは雄弁だ。

その意味をマスターすれば、

相手の深層心理が

手に取るようにわかるのだ。


■入国審査官の機密手法をこそっと教えます。


人の表情やしぐさから

その人の本心や置かれた

状況を見抜く能力を、

SIQ(SocialIntelligence Quotient

=社会的知能)と呼ぶ。そうです。


■「重要な質問に返答する直前」がポイント


目の動きから相手の本心を

探ろうとする際のポイントは、

「肺肝を衝く問いかけ」をして、

それに相手が

「返事をする直前の目の動き」に

注目することである。

 肺肝とは、

読んで字の如く

「肺や肝のような体の奥深く」

を意味する。


つまり、「肺肝を衝く問いかけ」とは

心の奥底にズシンと

響くような質問という意味だ。 


そんな重い問いかけをされて

返答する直前の目の動きは、

正直に本心を

反映してしまうのである。 


たとえば......。

「あなた、A子と浮気してるでしょう」

「ま、まさか、そんなはずないだろう」

 こう答える直前の夫の目が

左斜め下を向いたら、

「感情的に困惑している」証拠だ。


口では否定しても、図星を指されて

「参ったな」

というのが夫の本心である。



あるいは商談の場で、

「500万円でどうでしょうか」

とクロージングにかかったとき、

「うーん。持ち帰って検討します」

と言う直前に相手が

視線を真下に落としたら、

これは「服従」のサインだ。 


500万円という価格で

押し通して問題ない。

反対に、相手の目が

真横に動けば

「拒否・拒絶」のサインだから、

もう少し値下げをするか、

交渉をご破算にする以外に

道はないということになる。



----------
●黒目の方向別に7つの意味がある

・上――無心

・右、左――拒否

・下――罪悪感or服従

・右上――作為

・左上――追憶

・右下――当惑(理性)

・左下――困惑(感情)


※相手の目が

斜め右下に動いたら「当惑」。

理屈のうえで困った場合である。 


斜め左下は「困惑」。

感情的に受け入れられない場合だ。


 

天吉能書き


旦那諸君!


奥さんに

為された時を想定して、

どれにも

当てはまらないように


目をグルグル回すか、

瞬時に目をつむる

練習をしましょう。


しかし、

これは様々な

クロージングに使えるな~